Read Article

▽▲「すみません」ではなく、「ありがとう」で感謝を伝えてみよう▲▽

こんにちは、ひじま、まさきです。

だれかに親切にしてもらったとき、すぐに出てくるのは
「すみません」ですか?「ありがとう」ですか?

「すみません」には、
「何のお返しもできず、済みません」と言うような“引け目”の
意味が含まれると言われています。
無意識的に感じているのかもしれません。

相手の方が、心からも善意で親切をしてくれていたとしたら
その親切が、相手に“引け目”を感じさせてしまうのは
本意ではない。そう思います。

私たちは、誰かの行為に対して
何一つそのような、引け目を感じる必要は無いはずです。

一方「ありがとう」には、その行為に対して
「有り難い(あること自体が少ない≒貴重だ)」というように
そのことに対して価値を認める意味が含まれると
言われています。これもまた、無意識に感じているのかもしれません。

知らず知らずに、自分が引け目を感じる言葉と
知らず知らずに、相手の価値を認める言葉

次にあなたが感謝を伝えるとき、どちらを使ってみたいですか?
(初出 Facebook NLPフィールドCafe2011.7.28)
 http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top