Read Article

◎すべてが奇跡であるかのような生き方

  人生にはたった二つの生き方があるだけだ。
  一つは奇跡などないかのような生き方、
  もうひとつは、まるですべてが、
  奇跡であるかのような生き方だ。

 (アルベルト・アインシュタイン/ドイツ生まれの理論物理学者)

現代社会に生きていると、
すべてのことには、奇跡など無く
現実があるのみ・・・と思ってしまいがちです。

そんなとき、こんな見方もできるかもしれません。
自分が今日ここに“生きていること”ということ・・
・・何十億人の人の中で両親が出会った
・・ここが日本という平和な国だ
・・何かの縁でこの地に住むことになった・・
もしかすると沢山の奇跡の組み合わせの
結果と言えるかもしれません。

私達が生きている世界を、奇跡にが起こる
そう信じて、自分自身が真摯に、自分のすべき
行動を丁寧にして行く。

自分が起こせる行動と周りに起こっている
(かもしれない)奇跡との両方の
存在を味方に付けることができとしたら・・

こんな風に今週は、自分と周りの状況とを
自分の味方に付けながら
一歩前に進んでいく一週間にしていきませんか?

(初出 メルマガ “心がイキイキする言葉のフレッシュサラダ”2012.6.4改変)
http://nlpfield.jp/mailseminar.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top