Read Article

『心地良い』ペースで進む ー 人と人とで作るのがコーチング

今から20年以上前
僕自身は、コンピュータミュージックを
趣味にし始めました。

その当時、一分の狂いなく
正確に、同じ感覚、同じ音程、同じ強さを
刻む、音やリズムに

楽器の演奏が下手だった僕自身は
「すごい、正確だ!」と
喜んでいたものでした。

しかし、しばらく、
コンピュータで
曲を作っていくと、
何か物足りないのです。

それまで、私達が聞いていたのは
『人』が演奏していた音楽
正確に音符を引いていても

その人なりの、微細な強弱、タイミングが
音符で記されているよりも
もっと絶妙な『表現』として
演奏されていたのです。

そして、そこにもしかすると
同じ曲を別の人が演奏するのを
聞き比べて、
「好みの演奏」とそうでない演奏
とが生まれるようなのです。

この微細なフィーリングは
本人にしか分からないものです。

そして、このフィーリングこそが
その人自身が持っている
「上手くいくための土壌」なのです。

ですから、コーチは
クライアントの「うまくいく」
フィーリングを引き出して
行くところから始めます。

・・・手抜きや無責任で
   クライアントに任せているのではないのです。

コーチの役割は、クライアントの
力を引き出して、
問題を解消し、
目標を達成していただくこと。

そして、高い確率で
上手くいくために大切なのは

「勝ち易きに勝つ」

すなわち

「上手くいく準備を整えて実行を始めること」

です。

ですから、私達「相棒コーチ」は
あなたの「心地良い」ペース
やり方をまず見つけながら

確実に、問題を解消し、
目標を達成への伴奏(走)をして行きます。

(初出:あなたの相棒、賢いコーチの使い方
     http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2013.9.11)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「アライニングコーチング」
 ◇「アライメントコーチング」お申し込み

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top