Read Article

物質の状態と心の状態と ー 賢いコーチの使い方

学生時代、文系だった私でも
物質の状態に、固体、液体、気体があることは
知っています。(その他の特殊な状態はさておき…)

それぞれの物質の状態によって
その性質は異なる場合も少なくありませんが、
仮に状態が違ったとしても、

 水(H2O)は、水(H2O)ですし、
 二酸化炭素(CO2)は二酸化炭素(CO2)です。

 上に上げた物質は、状態によって
 呼び方があります。
 水(H2O)は、氷、水(湯)、(水)蒸気
 二酸化炭素(CO2)には、ドライアイス

呼び方が変わると、一見全く違う
未知のモノとして、扱いがちです。

コーチングでも、その人の心の状態と
その人の指向によって、
扱えないと考えるコーチも少なくありません。

例えば、心の状態が落ち込んでいて
目標と聞かれても、今はそれを考えることなど
想像も付かない。

 こういう場合、多くのコーチは、
 “コーチングの領域”ではない。と考えます。

 確かに、コーチングは、
 目標を設定し、達成する。そのために
 モチベーションを高め、ゴールを明確にし
 行動を具体化する。

 その役割においては、コーチの領域を
 区切ることは、間違いではありません。

 しかし、コーチがもし、“クライアント”という人と
 関わるのであれば、

 あるときは、目標へ進むための
 参謀役になるでしょうし
 またあるときは、目標に進むために
 望ましくない心の状態を整える
 役割も果たすことが求められるはずなのです。

 どんな状態であっても
 “クライアント”その人と関わる。

 これが“相棒”コーチが大切にしているところ。

 氷も、水(湯)も、(水)蒸気も
 同じくH2Oであるように。

 目標に邁進するあなたも
 障害に立ち往生するあなたも
 ときには、心の状態を整えることが
 必要なあなたも

 同じ“相棒”として関わる。

 これが“相棒”コーチの基本姿勢です。

ですから、最初はあなたにとっても
一見“悩み”であったり“問題”であっても
かまいません。

そこから、一緒に達成したい“目標”を
探求して、そして、
“問題”があった所は、その目標を
手に入れる過程で、立派に地盤改良し
整えられ、問題であったことさえ
気づかなくなるに違いありません。

ですから、最初は、気軽に
お悩みの相談からでもお越し下さい。
そして、その中から、きっと
気づいていなかった、“未来の姿”を
一緒に“相棒”として、探求、実現できるのを
楽しみにしています。

(初出:あなたの相棒、賢いコーチの使い方
     http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2013.10.23)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「アライニングコーチング」
 ◇「アライメントコーチング」お申し込み

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top