Read Article

相手に“任せる”は相手を“信じる” ー 賢いコーチの使い方

一旦、仕事という場面を想定して
話をしたいと思います。

あなたが、同僚や後輩との
大きな仕事をすることになり、
その、リーダー、とりまとめ役を
するとします。

全ての作業、仕事を一人で
こなすわけではありませんから
当然、チームのメンバーに
“任せる”ことになります。

 この時、メンバーの中に
 他人任せ、リーダー任せの
 雰囲気や意思が有ったとしたら
 どうでしょうか?

リーダーであるあなたは
こなしきれずに困ることになるはずです。
一人でできる位ならば
チームを編成はしないのですから。

しかし、責任感の強い方…というよりも
メンバーを信用してないリーダーは
ついつい、色々と介入することに
なります。

 メンバーには、リーダーに
 任せるつもりはないのに、
 結果として、リーダーが
 全ての役割に介入しすぎて
 結果、チームの実力を発揮出来ない。

コトになった経験、あるいは場面を見た経験
おありではありませんか?

もちろん、初めての仕事や
挑戦的な仕事になれば、
リーダー、メンバー共に
不安にもなるものです。

 しかし、お互いにお互いを信じて
 リーダーはリーダーの仕事
 メンバーはメンバーの仕事
 を全うできるというのが
 最も望ましい形です。

そこで、それを前提に、
準備をする、意思疎通をすることが
大切になる。
というのは、釈迦に説法というまでもありません。

コーチングのプロセスでは、

コーチがクライアントが、
 問題を解決する
 目標を達成する
行動をすすめるための“過程、プロセス”を
明確にするのが仕事です。

クライアントは、コーチと創った
 プロセスを実行して、
 結果について、検討する
のが仕事です。

そして共に、必要に応じて
結果をクライアントとコーチとで協議して
問題解決、目標達成へのプロセスを改善する。

その意味で言うと、
 コーチは、クライアントを信じて
 そのプロセスの実践を任せます。
 同じように、クライアントは、
 コーチを信じて、自分にとっての
 不安や途中のプロセスの不具合の
 改善を扱うことを認めます。

もちろん、途中、お互いに
学んだり、強化すべきところがあれば
実現へのプロセスとして
互いに実行することになります。

私達が“相棒”と呼びたいのは
相手を信じて、互いに互いの役割を全うする
関係づくりが、結果として
クライアントの成功に
直結すると、信じているからです。

(初出:あなたの相棒、賢いコーチの使い方
     http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2013.11.13)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「アライニングコーチング」
 ◇「アライメントコーチング」お申し込み

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top