Read Article

【7/18開催 NLP PRACTITIONERS’ PRACTICE】「メタステイトモデルで無意識の感覚を使いこなそう」

nlppractitionerspracticelogo-300x25
NLPプラクティショナーズプラクティス

NLPプラクティショナーのための実験、実践の場、
そして新しいNLPの知識の技術をお伝えする場としてスタートしました
NLP Practitioners’ Practice.

今回は、7/18(金)、19時から
メタステイトモデルで無意識の感覚を使いこなす
をテーマに開催します。

今、どんな気分ですか?その気分を今、楽しむことはできますか?

上の質問を読んで、どのように感じられましたか?
「楽しむどころじゃないよ」と怒りを感じた方も
いらっしゃるかもしれませんし、あるいは、
「元々楽しんでたから、それを楽しむことは、できなくはないなぁ」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
私たちは、自分がした行動や、感じている感情について、
楽しんだり、悲しんだり、怒ったり、笑ったりすることが
できますが、そんな経験おありではありませんか?

たとえば、「自分の馬鹿さ加減にあきれてる」とか。
たとえば、「なんだかんだいって、この苦しんでるのを楽しんでるよ」とか。
一見2つの気持ちや状態を同時に
私たちは感じる(扱う)ことができるのです。

「自信がない」と自信を持って言うことができる力が活用できる

NLPのセッションやトレーニングの場面で、「自信」に
ついて扱うことがありますが、多くの方が
「自信が持てない」ことを自信たっぷり(確信を持って)
おっしゃいます。
言葉上を見ると矛盾しているようですが、
私たちは「自信がない」という状態(ステイト)について、
どんな状態で関わっているかを別に(あるいは、同時に)感じ、
扱っています。
これをメタ・ステイト(ステイトに対するステイト)と言います。
そして、私たちはこれまでも、無意識のうちに、
いくつかのステイトの層を重ねた状態で生きてきました。
その結果、自信たっぷりに「自信がない」と言うこともできたのです。

お気づきの通り、自信たっぷりに
「・・・」と言うことができる私たちですから、
あなたが手に入れたい状態に対して、意識的に
自信を持って「○○の状態を手に入れる」と言うことも
できるはずです。

今回、このような「メタステイトの扱い方」を探求します。

私たちが、自分の気持ちや行動を変えられていないとき、
もしかするとそのステイトに対するメタ・ステイトが
それを阻んでいたのかもしれません。それを変えていきます。
あるいは、あなたが意図的に、効果的なメタ・ステイトを
加えることで、あなたの心と体の状態を
より容易に変化させるツールとして活用できるはずです。

是非ご期待ください。

【開催日時】2014年7月18日(金) 19:00~21:30
【場所】 ゆんぼうや 南麻布
【講師】 酒井利浩、稗島正樹
【金額】 一般価格       5,000円
NLPフィールド受講生  4,000円

お申し込みは → こちらをクリック

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 藤本百合子

    よろしくお願いいたします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top