Read Article

▽▲追えば逃げて、逃げれば追う▲▽

063360b1d232206271d02ae40e98f8a6

“恋はまことに影法師、いくら追っても逃げていく。
こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げていく。”
    (シェークスピア)

様々な人間模様を演劇、詩という形で
数百年前から現在に伝えている
シェークスピアの言葉です。

様々な悲劇、喜劇、愛情や憎しみ
人の感情のあらゆる側面を
描いてきた人だからこそ

「こちらが逃げれば追ってきて、
   こちらが追えば逃げていく。 」

このフレーズが表現できたのかもしれません。

そして、もしかすると私達自身の「心」、
気持ちや感情、さらには、自分自身というものも
また、自分に取って影法師なのかもしれません。

つらいことから目を背ける
楽しいことを楽しまない
感謝しているのに気づけない
相手のことを思うほど素知らぬ顔をする

自分の想いとは反対の方法で
自分を表現しようとしてしまう。

・・・どんな表現をしていても
   今ここに居る「自分」は
   紛れもなく、「自分自身」です。

そのことに気づいてか、気づかずにか
自分を探してしまう。
自分の気持ちを隠してしまう。

・・・一度、
   自分の“今”の気持ちを
   追いかけるのを止めてみませんか?
   自分の“今”の気持ちから
   逃げるのを止めてみませんか?

自分自身の「心」もまた、影法師。
影法師は、自分自身を映し出す物ですから。

今の“自分”にほんの少しのあいだ
意識を向けることはいかがでしょうか?

逃げず、追いかけず、今感じている距離感のまま
ただ、ただ、意識を向けてそこにあるのを感じる。

逃げているのでもなければ、
追いかけているのでもない
ただ、自分がやっていることを
自分に見せてくれているだけ
なのだと言うことがわかれば

どんな、いい感情もそうで無い感情 とも
時々分からなくなる「心」という存在とも
一瞬、手に余る、暴れる気持ち とも

上手につきあい始めることが
出来そうじゃありませんか?

どんな自分でも、かけがえのない存在ですから。
どんな自分の気持ちも、今必要な気持ちですから。

そんな、自分に出会う時間さえ
作ってみれば・・・日に5分でも。。。。一分でも。
自分に出会う時間を。

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2012.6.22 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top