Read Article

問題解決“思考”、“体質”を身につける・・・自己変革としてのコーチングー賢いコーチの使い方

私達が提供する“コーチング”について
もう一度お伝えしてみようと思います。

私達は、クライアント(あなた)が
 ・問題を解決する。
 ・目標を達成する。
ために
あなた自身が、実際の行動を起こして
問題解決、あるいは、目標達成できる
 ・心の状態(心の引っかかりをはずし、行動の意欲を引き出す)
 ・課題の具体化(問題/目標を、具体的な行動が可能になる課題に落とし込む)
 ・行動の改善、継続をサポートする(課題の修正、行動、策の改善)
をサポートします。
そして、実際の具体的行動とその成果を手に入れるのは
クライアントであるあなたご自身と言うことになります。

その過程の中で、私達は
あなた自身の、あるいは、“人”が陥りやすい
思考や行動のクセを見つけることになります。

これが多くの場合、問題の解決を送らせ、
目標の達成を妨げていることが少なくありません。

そのクセを、コーチングの過程(プロセス)の中で
発見して、気づき、新しいやり方を練習する。

つまりコーチングのプロセスの中で、
あなたご自身が、これまでよりも
自分自身を上手く使う方法を習得する
ことになるのです。

例えば、
「私は、一度もうまくいったことがない
 だから、挑戦は出来ない。」
こんな言葉を自分にかけていて、
思い切った行動がとれないとします。

すると、ここには「一度も〜ない」というびっくりする
言葉のクセをみつけることができます。

 一度もうまくいったことがない

あなたも考えてみて下さい。こういう言葉の使い方を
していたときはありませんでしたか?

言葉では、成功は0だ。といっていますが、
文法通り、相手に言葉を使って
伝えられているのは
うまくコミュニケーションできていること
に入らないのでしょうか?

また、一度も無いという「うまくいっている」と
いうのは具体的にどうなっていることなのでしょうか?

具体的に「〜なこと」と行動を変えることで
手に入れられるもの、ことに理解し治すことができれば
その方法について、一緒に探求し始める事も
できますよね。

上の例は、実際のコーチングで行うようなプロセスの一部を
単純化してお伝えしましたが、

あなたは、ご自身の今の不安、不満、未来の姿、希望を
明確にして行動を起こすことを目指して、私達に話をするだけです。
そして、その会話の結果が、あなたにとって
意欲を持って行動でき、現状に変化を起こせそうかに
興味を持ちながら、会話をしてください。

わたしたちコーチは、その会話とその会話で
クセや課題を発見し、解決しながら
具体的な行動を生成するプロセスを作っていきます。
あなたがゴール(問題→解決、目標→達成)
にたどり着くまでの伴走者としてサポートします。

そのプロセスが完了したとき、
その体験そのものが、あなたの経験として
ご自身のスキルや心の扱い方をさらに
向上しているはずです。

(初出:あなたの相棒、賢いコーチの使い方
     http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2014.4.9)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「アライニングコーチング」
 ◇「アライメントコーチング」お申し込み

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top