Read Article

▽▲押してダメなら引いてみる、それでもだめなら・・・▲▽

f53aada61cf3115abb02540aa3a574ad

毎週ブログやメルマガの記事を書いていると
時として起こる症状があります…「ネタ切れ」です(笑)。

とはいえ、普段起こっていること、
気づいていることを、NLPをヒントに
見つめ直しているというのが、

この記事なのですから、
本来ネタ切れは無いはずなのです。

気づけてないこともまだまだ
沢山あるって事ですね。

これまでに
「押してダメなら引いてみな」を
テーマに書いたこともあったと思います
(あるいはブログかもしれませんが・・・)
 http://ameblo.jp/awakeners/

押しても引いてもダメなときも
実はあります。
そしてそれが、引き戸だとしたら・・・「横に動かすのかよ!」

私達の気づいている範囲が
「押すか引くか」出会った場合、
・・・押してダメなら引いてみる
   それでもダメなら【残念でした(-_-;)】

と言うことになります。
「扉は押すか引くかだ!」と思っていれば
 その扉を永遠に横に動かすと言うことに
 気づきもしないでしょう。

折角、3D(次元)の世界に住んでいるんです。

 押す  ー 引く
 上げる ー 下げる
 右へ  ー 左へ
加えて斜めへ・・・

こんなに可能性があることに
気づいていました?

ま、もっとも、
「扉を斜めに開けることは・・・ねぇだろう」

この思い込みを逆手に取ると
昔の忍者屋敷やお城のからくり扉・・・
になります。

相手に思い込みがあるとしたら
当然、想定外のところに
仕掛けをすることは効果がありますよね。

これはこれで、
すべての可能性に気づいていて
その中で、相手の思い込みの可能性を
知ろうとするから
出来るトリックになります。

・・・押してダメなら引いてみる、それでもだめなら

思い込みの枠に入ったまま、諦めますか?
それとも
型破りの発想で、斜めや上、下
あるいは、破っちゃう!!

くらい自由に、発想を広げますか?

実行するかは別とするならば、
発想の段階では、枠が取り外し可能だと
解決が進みそうですよ。

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2012.6.28 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top