Read Article

▽▲真冬なのに「初春」・・・あっ今までスルーしてた(笑)▲▽

▽▲真冬なのに「初春」・・・あっ今までスルーしてた(笑)▲▽

謹んで初春のお慶・・・・
ちょっとフライングですね。

今日クリスマスのセールが終了すると同時に…

もういくつ寝ると〜♪ のメロディです。

不思議に思ったことはありませんか?
お正月の挨拶や、表現の仕方。
こんなに冬真っ直中なのに「新春」ってのは。

既にご存じの方も沢山いらっしゃると思います。
旧暦の1月は、今の暦で言うと2月頃
暦の上では、春の兆しが感じられる「立春」の頃と
なります。

ですから、「春」の始まりだという意味と
「(本格的な)春よこい、早く来い」との願いを込めて
「春」を用いたということです。

よくよく考えれば、
南半球では真夏ですしね(笑)

その意味では、
私達の心の中でいわば「勝手」に区切りをつけて
リフレッシュしてきたのかもしれません。

暦もあるいは、時間も、私達が
私達の都合で、区分けしたモノです。
大晦日23:59:59と元日の0:00:00とでは
区切りのない時の流れです。

あたりまえ〜♪ ですね。

そうはいうものの、私達は12月になると
私達だけでなく、周りの雰囲気やマスコミの
伝え方によって、何だか気ぜわしく
感じていたかもしれませんし、

大晦日に、新年を迎えるカウントダウンをして
迎えた新しい年に、心を新たにしてきました。

それもこれも、自分たちが自分たちで決めた
区切りで生まれた、感覚や判断に過ぎない
としたら・・・。

もし、
12月の忙しさが、心地よく充実感があるものであれば
新年を迎える清々しさが、力を与えてくれるモノであれば
(少なくとも僕にとってはそうです)
自分で決めて、その区切りを活用します。

もしも、
12月の忙しさや新年を迎えるプレッシャーが、
ただただ焦りをもたらしていたとしたら・・・
「ま、単に来週の木曜日(笑)」と思うのも有りですよね。

暦だけでなく、
私達が、心地よく何かを薦められたり
何かに対して焦りを感じている時
・・・上手くいったり、上手くいかなかったり
している要因は、思った以上に
『何』が起こっているかよりも
それを『どのように』受け取って理解しているか
の方が自分に大きく影響を与えています。

大晦日23:59:59と元日の0:00:00との間を
 単なる一秒を捉えるか
 新しい年を迎える神聖な時間捉えるか
・・・ってことですね。

前者だと、何かゲームでもしながら
「0:00過ぎちゃってた(笑)」というリアクションで
新年を迎えることも出来ちゃうわけです。

かく言う僕自身は、新年をちょっとだけ
特別なモノにして自分がどのくらい変化したかの
違いを見る時間の物差しにすべく、
新しい目標を設定しようかと思っています。

私達が、日常使おうと決めている暦を
自分にとってより役立つように活用する。
・・・あたりまえを、自分の都合の良いように
   使いこなすことが出来ますよね。

すると、周りの世界も変わり始めます。
制約がもしかすると、制約ではないかもしれないのですから。

そんな風に、自分で「どのように」を変えることが出来る。
・・・もちろん、あたりまえ〜♪ ですよね。

Copyrights(C)nearbirds / 123RF.COM

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2012.12.26 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top