Read Article

▽▲人間、見た目だ!!▲▽

▽▲人間、見た目だ!!▲▽

「何言ってるの、人間、中身大事でしょ?」
 もちろん仰る通りです。
 見た目ではわからないコトも沢山あります。

しかし、人間、見た目も大切です。

・・・というよりも、見た目もその人の
   中身の一つですよね。

仮に、人間の中身と言ったって
まずは、
その人の仕草や行いを見るか、
その人の話や考えを聞くか、
その人の空気感や雰囲気を感じるか
という五感の感覚から
知り始める事になります。
・・・第六感がない人にとっては。

すると、
 その人に、嫌悪されずに、
 興味を持ってもらうことが

中身を知ってもらう第一関門に
なるのは、仕方がありません。
相手の人に、第六感がなければ。

多くの人は、その第六感はない、
あるいは鍛えていないので、
結果として、

“人間見た目”と言うことになってしまいます。

しかしながら、
見た目というのは、その人の内面を
映し出したり、それがにじみ出したりするもの

心の中で思ってもいないことや
付け焼き刃で、そのフリをしていると
思わぬところで、
それが映し出されるかもしれませんね。

・・・それじゃ、中身を変えないといけないじゃん。
   どうすんだよ!!

と訊きたくなりますよね、きっと。

実は、変え方があるんです。

それは、フリをすること。

・・・おいっ!付け焼き刃でフリを
   してもっていったじゃん。

仰る通り。ですから、本気でフリをします。
付け焼き刃ではなく、名匠の名刀で。

そのためには、その中身に相応しい
外見、見た目を作るのは役に立ちます。

本気でフリをするのですから、
外も中も、完全コピーといったところ。

すると、結果として、
その中身がにじみ出るのか
外見が引き出すのかは別にして
充実してくるのです。

・・・形から作るのもありですよね。

ただし、何回も言いますが、
“本気で”フリをすることを決めて下さい。
中途半端でフリをしても
それこそは“馬脚を現す”というものです。

私達の脳は、想像イメージと現実との
明確な区別がないと言われています。
レモンや梅の実を想像すると
唾液が出るように・・・

そのイメージがリアルであればあるほど
本気で想像すればするほど
顔をしかめるくらいに・・・見た目でも
酸っぱさ感じますよね。

さて、“本気で”そうなりたいと言う前提で
“人間見た目だ”を実践してみませんか?

201年度も、まもなく終わりです。
4月から新しい理想の
自分デビューというのを狙ってみるのも
いいかもしれませんね。

Image credit: nurrka / 123RF ストックフォト

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2013.3.27 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top