Read Article

無意識を意識化する…その時、どちらの足で一歩踏み出したっけ?

 ある、プロ野球の監督は
  連勝中には下着を交換しなかった???

 縁起を担ぐという言葉を使うことがありますが
 自分の中の何かルールを
 守ると良いことが(破ると悪い事が)起こる
 という、あるパターンですよね。

  一見すると、
  滑稽な物も無いわけではありませんが
  不思議と当てはまる。
 
 確かに周りで起こることは
 私達が動かせることばかりではありませんから

 これは「何かある」と考えるのも
 無理からぬ事ですよね。

 記憶は定かではありませんが、
 その昔、有るプロ野球の監督は
 シーズン中にチームが勝ち続けているときには
 同じ下着をはき続けていたそうです。

 …どうしてそうなるかは、分からないけれど
  なぜだか、“勝つ”行動が生まれる

 そんな、縁起担ぎ。あなたにもありませんか?

 縁起とは、「原因に縁って結果が起きる」
 ということ。

 縁起とは、「原因に縁って結果が起きる」
 という意味の、頭文字?、意味の中心となる
 漢字で出来た言葉です。
 
 つまり縁起を担ぐというのは、
 気づいていなかったかもしれませんが、
 原因と結果の法則に従う。
 ということになります。

 しかし、その行動がどうしてその結果に
 繋がるかが不明な物(着替えない⇒試合に勝つ)
 どうして原因と結果に従うことになるのか
 不思議に思いませんか?

 ここで、確かなことがあります。
 連勝中に着替えない監督の例で言えば、

 1.監督は試合を左右する判断と指示が出来る。
 2.監督は試合の状況や敵と味方の選手の
   状態を把握することが出来る。
 3.監督は決めた作成や指示で試合は動く。

 これらの事を考えると、“勝つ”という結果は
 選手をまとめ上げることを含めて
 “監督”が自分で選んだ行動から
 得られたとみる事ができます。

 すると、着替えないことが
 監督の行動の何かに影響を与えていた
 はずなのです。

 無意識的に行動へ反映させていた、
           きっかけが、それだ!

 縁起を担いでいるときの、全ての行動
 「担ぐぞ」と決めてから、上手い行動が
 起こるまでの全ての行動を、事細かに
 観察して、そうで無いときとの違いを
 見つける…これは、無意識にしていたことを
 観察で意識的に理解することです。

 それの全てが出来なかったとしても
 そのきっかけとなる行動は、意識的に
 起こすことが出来ます。

 例えば、朝右足で家を出ると、一日
 仕事がはかどる。
 左足で出たときには、むしろ滞る。
 この違いに気付けたとき
 これは、無意識の縁起が、少なくとも
 意識的に活用できるスイッチになり得る
 ということなのです。

 そして、NLPを活用すれば
 そのスイッチの成功率と、効果を
 高める事が可能なのです。

 なぜならば…これまでは、
 言葉、五感、その連動について
 無意識のまま活用していたから。

 無意識で使っていた物を
 意識的に意識して使うからこそ
 その力(≒自身の力)を充分に
 引き出せるのです…。

 まずは、一つでも自分が意識して
 いなかったことに興味を向ける時間を取る。
 いかがでしょうか?
 
 では良い週末を。

(初出 メルマガ “心がイキイキする言葉のフレッシュサラダ”2013.9.27 一部改変)
http://nlpfield.jp/mailseminar.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top