Read Article

“私”は宇宙の“中心”にいる!?

 「宇宙の中心ってどこ?」

 クイズや理科の時間などで聞いたことがある
 かもしれませんが、宇宙は膨張し続けているようです。
 そしてまた、宇宙には果てが無いそうです。

 では、どこが宇宙の中心か?
 と言うことになります。

 宇宙論の一つの考え方で言うと
 どこから見ても、自分から(を中心に)
 宇宙が広がっているように見える
 とのこと。

 言い換えれば、私達全てが
 宇宙の中心にいる? ということになる
 のかもしれません。

 ちょっと待て!意味分からんぞ!

 仰る通り。“中心”に振り回される必要は
 ありませんよ。

“私”が思うように世界が変わる

 “中心”は、中心だけで存在することは
 出来ません。

 先程の宇宙の“中心”と言うアイディアは
 宇宙が私達から遠ざかっていく星や銀河の
 見え方…関係性を捉えて“定義”したので
 私達は『中心』にいるということに
 なったわけです。

 では、私達と私達が生きている世界との
 関係はどのように作る事ができるでしょうか?
 
 例えば学生時代のマラソン大会
 …マラソンが得意な人にとっては
  まるで世界が自分を歓迎してくれている
  そう思うかもしれません。
 …マラソンが苦手な人にとっては、
  まるで世界は自分を苦しめようとしている
  そう思うかもしれません。

 自分とその出来事との関係が
 その瞬間、あなたの世界全てに
 なっていたことに気づきませんか?

 そうです。私達がそう決めると
 世界はそのように動き出します。

 仮に、世界は自分の思い通りにはならない
 と思えば、自分の思い通りにするための
 兆しに気づくことも無いでしょうし、

 世界は自分の思い通りになると思えば、
 その兆しを自然に、あるいは必死に
 見つけることになるはずですから。

 思うように始めて、思うように修正すればいい

 私達がどのように、状況や環境、世界と
 関係するかを決めることで、
 私達は、自分のものの見方や行動を
 変えることになります。
 
 言い換えれば、自分が、現状との関係を
 変える事を決めれば、自分の行動やものの見方は
 変えることが出来ると言えます。

 …そして、このことを疑っているとしたら
  もちろんこの考え方、見方は
  機能しません。お気づきの通り。
  
 私達は、自分が思うように行動をしても良い
 そして、それが、出来る存在です。
 
 そして、また、今やっている行動が
 合わなければ、それを変更も出来ます。
 
 私達は思った以上に、柔軟でフレキシブルな
 存在であること、思い出して下さい。

 何かを諦めることが多い方は
 諦めそうになったとき、
 「諦める」のを諦めてみて下さい。

 失敗する事を怖れている方は
 「失敗できるかどうか」を心配してみて下さい
 そして上手に「失敗する」ことを失敗してみてください。

 私達は、思った以上に
 自分を自由に、決める事ができるはずです。

 どうぞ、肩の力を抜きながら
 心と身体のリフレッシュを…
 良い週末をお過ごしください。

(初出 メルマガ “心がイキイキする言葉のフレッシュサラダ”2014.1.10 一部改変)
http://nlpfield.jp/mailseminar.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top