Read Article

どんなときにも、そこからスタート出来る“私”。・・・私の“基礎固め”コーチング⑦

“卒業”ということば、某アイドルグループだけでなく
テレビやラジオの番組からはずれるときにも
使われる言葉です。

卒業には、何かを終えると言うことだけでなく、
その先にある“新しい始まり”を想起させることばが“卒業”。

私達にとって身近な“卒業”といえば、学校ですが、
中学ぐらいから、卒業と相前後して、入試、入学という
子供にしてみれば“試練”とも思えるイベントが
続きますので、一体何を“卒業”してるんだ?
などと、子供ながらに思ったものです。

“卒業”には、今までの環境から抜け出すことで
否応なしに、新しい環境のスタートがやってきます。

・・・勉強が好きで無かった人にとっては
   進学という選択肢は、
   「なんで、卒業してまで勉強なんだよ」
   と思ったかもしれません。
   が、後で訊いてみると、社会人なった友人のほうが
   毎日“勉強だよ”何て言っていましたよね。
   実際、社会に出てからも結果“学ぶ”ことは続きます。

裏を返せば、私達はいつでも
 “そこから学ぶことが出来る”
そして、私達はいつでも
 “その学びをもって、そこからスタート出来る”
と言うことだと思いませんか?

 つまり、スタートであれ、ゴールであれ、
 順調なときであれ、困難なときであれ
 私達はいつでも、自分が思ったときに、
 新しいスタートを切ることが出来る。

 何にでも挑戦出来る、進化できるってことになりませんか?

それこそが私達全てが持っている“可能性”と繋がることです。

確かに、いわゆる“世間の常識”から見れば、
「なにを、甘いことを」とか「なにを、馬鹿なことを」と
言われます。

もちろん、“詰め”や“計画”が甘ければ、
まさに“馬鹿なこと”といわれるのも道理なのですが、
そう言って、アドバイスしてくれる方々は
その“甘いこと”、“馬鹿なこと”を極めてはいらっしゃらない。
言ってみれば、“甘い”、“馬鹿な”という大河を
渡っていない、対岸の方かもしれません。
・・・こっちの水が甘いか、苦いか
   体験されていない方が大半のはずです。

そこで、コーチはきっとあなたに質問することでしょう。
「あなたは、どうしたいの?」と。
アドバイスをくださる方は、これまでと同じやり方の経験を
私達に教えてくれているのですから、正論です。
そのアドバイスを元に、どうするか。
ここもあなたとコーチとがじっくりと探求して
全身全霊で進むか、全身全霊で戻るかを決めれば良いだけ。

もし、進むことになれば、
“甘いこと”、“馬鹿なこと”が、どのように起こるのか
どのように準備していくのかを、
全身全霊確認して準備するだけのこと。

私達コーチは、あなたが未来の可能性の中から
確信をもって選択をすること。
そして、選んだ選択肢を、より良く進めるために
する準備を探求すること。
そして、その選択肢へ進んだあと、
さらに進むにせよ、あるいは
状況に応じて新たな選択肢を探るにせよ
あなたが、いつでも、あなたにとっての
大きなゴールの方向へ進むための、
新しいスタートを可能にする
心と身体を整え、必要な情報と方法とを
集めるのをサポートします。

未来を進むための、あらゆる基礎を固める。
これは、コーチの賢い使い方の
一つの中心です。ぜひ、長期の活用法として。

来週からは、また別のテーマでお送りします。

(初出:あなたの相棒、賢いコーチの使い方
     http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2015.3.4改変)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「アライニングコーチング」
 ◇「アライメントコーチング」お申し込み

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top