Read Article

▽▲起こったことは結果であり、次への出発点なのだ▲▽

▽▲起こったことは結果であり、次への出発点なのだ▲▽

本来、当たり前の話なのですが、
これがなかなか、上手く行かないことがあります。

 「あのとき、ああすれば良かったかなぁ
  あのとき、やっぱりこっちだったのかなぁ?」

と、反省とも後悔ともつかない思いが
やってきて、どうも次への一歩が遅れてしまう。
ってことありませんか?

特に、僕の場合、
この「自分の決断を責めている」感じが
とても好きではありませんでした。

一番厳しいのはもしかすると、自分だったのかもしれません。

そして、過去の決断を、“過去の自分”の所為にして
そこから逃げようとしていたのかもしれません。

…どっちも自分なんですよね。

そして、私達にタイムマシンがない以上、
あの時の選択は、最上の策だったのです。

そして、選ばなかった方の結末がより良かった
保証だってないわけです。

ましてや、選ばずにまごまごしていて
より良くない結末を招いていたかもしれません。

それだって、仮定の話。
証明のしようが無いじゃないですか。

それよりも、あの選択によって
“今ここ”にこの状況にいます。さあここからの一歩を
どう踏み出しましょうか?

起こったこととそれを起こした選択(行動)からは
次に同じ選択肢が現れたときの
参考資料(学び)が得られます。
そして、ここから先の一歩は、全ての可能性から
選択することが出来ます。

もし最上の選択をしたいのならば、
どうぞ、自分の判断力を自由にしてください。
…自分を責めることで、萎縮させるのではなく
 自分を信じることで、安心して選択をする
 心の状態で、次の一歩を選択するわけです。

言ってみれば、選択をした自分を自分の一員として
信頼する様な感じでしょうか?

そうすれば、いつでも全ての結果は
あなたが創り出した次への出発点。

ときには、厳しい場所かもしれません。
あるいは、絶好の場所かもしれません。
いずれにしても、次の一歩の選択権は
あなたにあります。
いずれにしても、あなたは次の一歩の出発点に
居るだけなのです。

あとは、そこで
どれだけの力を見つけられるか
どれだけの協力を見つけられるか
どれだけの使えるものを見つけられるか
…自分に、追い詰められていては
 見つかるものも見つかりません。

どうぞ、自分に自由に選択させてあげて下さい。

NLPでは、「自分の状態」を整えるやり方を
トレーニングします。

そして、必要なときにその「自分の状態」を整える。
 落ち着きであったり
 元気であったり
 やる気であったり

そしてもちろん「自分の状態を整える」ことは
私達一人一人の、人生を、周りを、毎日を
豊かにするために、活用することが出来ます。

あなたも、一度、NLPを使ってみませんか?

ぜひ、一度、私達のNLPトレーニングにお越し下さい。
お待ちしております。

NLPワンデイレッスン
http://nlpfield.jp/nlp_o/

Image credit: ximagination / 123RF ストックフォト

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2014.4.2 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top