Read Article

▽▲私達は“感覚”でできている。そして、私達はその感覚を再活用することができる▲▽

▽▲私達は“感覚”でできている。そして、私達はその感覚を再活用することができる▲▽

もしかするとどこかで
聞いたことのある話かもしれません。
・・・

ー〜ー〜ー
「俺、自信が全っ然無いんだよ!!」
「そっか、自信が全然無いと思っていんだな。」
「そうだよ!!」
「じゃぁさ、なんか気になるんだけどさ、
  “自信がない”ってそんなに“自信”をもって
        言えるのはさ、どうして?」
ー〜ー〜ー

ちょっとした、コントのようにも聞こえますが
私達が自分について評価したり、
そのことで困っているときには、
多くの場合こんな風に自分を捉えています。

「自信がない」ことについて「自信がある」

 じつは、私達は、言葉が使えることで、
 一見矛盾するような、心の状態を
 言い表しているのです。

仮に、「自信がない」という感覚に【A】という
名前を付けます。

すると、この文章と伝えるときは、

『私は【A】を持っていることに自信(確信)があります。』

という表現を使っています。

構造で言えば、
「ねぇ、100円貸してよ、持ってる?」と問われて、
「100円ね、あるよ、ある、ある。」
と答えるとき。

『私は100円を持っていることに自信(確信)があります。』

という表現ができる状況です。

これらの
「僕には、自信が無いんです(と自信を持って言える)。」と
「100円ね、あるよ、ある、ある。」という表現は

『私は【A】を持っていることに自信(確信)があります。』

という構造で言えば、同様の表現です。

簡単に言えば『自分の発言』に自信があるということ。

そしてその発言の中身が「自信がない」ことを伝えるときであっても
だれかが、「そんなことないよ」と否定しようとすると、

確信を持って
「ないない、そんなことない、自信なんか全然ない!!」
と強固に否定するのではないでしょうか?

・・・これを傍から見ていると、
   「そんなに確信を持って意見を言える力があるなら
    もっと『自信を持てばい良いのに』という
    ことになるでしょう。」

では、どうしてそうならないか・・・
このとき「自信あるいは、確信」というのを
アタマで理解しているのではなく
身体や心、気持ちといった“感覚”として
持っているからなのです。

つまり、無意識的に「自信・確信」を
“感じている”、“もっている”わけです。

無意識的だから・・・自分では
「自信がないこと」について
どのように「自信を持って」
表現しているかが分からない。

あるいは、無意識的だから
何を根拠に「自信を持って」
伝えているかに気づいていない
ということです。

ですから、一旦ここで
少なくとも「自分が自信が無い」ということを
自信がある体でつたえる事ができている
事に気づいてみませんか?

すると、少なくとも「自信を持って伝える」
ことについての、自分なりの
1.どんな根拠をもって、確信しているか
2.確信を持つとどのように「自信」を表現しているか
3.その「意見」をどのように確信を持ち続けているか
・・・つまり、「自信のある」自分のやり方を
   発見するヒントとなり得るのです。

仮に書いてみるなら、
『「自信がない」と自信を持って言っていたそのやり方』で
あなたの素敵なところに「自信」をもってみませんか?
・・・文字でみると、ヘンなのですが
   自分で一度声に出して、読んでみるのも
   いいかもしれません。

声に出して読むと、
私達は自分の言ったこともまた
五感を使って、再処理します。

すると
『「自信がない」と自信を持って言っていたそのやり方』
について、どんなやり方か?
 どんなふうに、伝える相手を見て、
 どんなふうに、自分の考えを整理して
 どんなふうな、気持ちや空気感を感じながら
相手に伝えていたのか?
ということを、再現VTRのように
あなたの感覚は再確認してくれます。

そのなかで、もし「自信を持って相手に伝える」感覚だけが
つかめたとしたら・・・おめでとうございます!!

これが、NLPで言うところのモデリング
伝える中身ではなく、やり方(心の状態や行動の方法)を
手に入れるものです。

そうすれば、様々な場面で、伝える内容は何であれ
「自信を持って相手に伝える」感覚を
どこでも活用することが出来るでしょう。

私達、あるいはだれかの、どんな行動であっても
その行動を学ぶ(モデリングする)ことは
あなたが、必要な場面でそのやり方(心の状態や行動の方法)
を活用できることに繋がります。

・・・これが脳の使い方マニュアル、自分の取扱説明書
   とNLP呼ばれる所以です。

もし、ご自身が「困ったとき」や「絶好のチャンス」に
自分自身を振る活用するために、NLPで
 自信(のある人、ある自分)のモデリング
 創造力(のある人、ある自分)のモデリング
 実践力(のある人、ある自分)のモデリング
・・・をして、人生で出会う、
   沢山のチャンスを活かして行きませんか?

NLPワンデイレッスン
http://nlpfield.jp/nlp_o/

Image credit: iqoncept / 123RF ストックフォト

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2014.5.14 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top