Read Article

11/ 9(月)夜 開催 “楽観力”NLP講座2「モチベーションに効く自分への説明“力”」

11/ 9(月)夜 開催 “楽観力”NLP講座2「モチベーションに効く自分への説明“力”」

【“楽観力”NLP講座前回の概要はこちら】

「日本人」と一括りにしてはいけないとは言うものの

少なからず、私達には
「謙譲の美徳」の感覚を持つことが
日本の社会で生きていくために
身についている・・・そんな気がしませんか?

これは、「日本人」として
身につけた、便利なやり方であると同時に
それが、行きすぎてしまうと、自分を過小評価することにも
繋がっていきかねません。

私達はいつも、自分の言葉に
左右されていることに、お気づきでしょうか?
他人からの言葉も、確かに私達に
良いものであれ、そうでないものであれ
影響を受けますが、

 「自分が受け止めた認識」からの言葉
 「他人からの言葉で得た認識」からの言葉

それをどのように、あなたは
自分に言い続けていますか?

あるいは、それに縛られすぎてはいませんか?

人は、良きにつけ悪しきにつけ、
自分のモノのとらえ方で、世界を理解します。

あなたが自分の認識でどのように世界を受け止めるか
あなたが他者の言葉でどのように世界を受け止めるか
それを選ぶのは、だれあろう、あなたなのです。

世間に言う、
 楽観的にモノを見られる人と
 悲観的にモノを見てしまう人との違いの一つには、

今、置かれている状況を、自分にどのように
説明できるか、すなわち
あなたが、力を発揮する形で説明できるのか
あるいは、あなたが、意欲を挫かれる形で説明してしまうのか
ここに違いが、違いを創る大きな違いがあるのです。

ですから今回は、自分自身に対して、
「モチベーション」を高め、保つ
自分への自分への説明“力”
を探求します。

エジソンは言いました。

 「多くの人々の悲劇は、
   実は、生涯の成功の手前一歩であったのに、
    それを知らず彼らは諦めてしまったことだ。」

と。

人生の成功に限らず、何かを実現するときに
自分のモチベーションを保つことが
役に立つことは、既にお気づきのことと思います。

今回は、“楽観力”NLPの発想を通して
実現までモチベーション
持ち続ける方法の一つを作ってみませんか?

今回は、これをテーマに
“楽観力”NLP、“楽観力”を
実験、実践、実感していきましょう。

<日時>
#2 モチベーションに効く自分への説明“力”ー“楽観”力NLP入門
     11/9(木) 19:00〜21:00
<会場>
港区南麻布/目黒区内のいずれか
 (お申し込みの方に改めてお知らせ致します)
 ◇港区南麻布
  (最寄り駅 日比谷線 広尾駅/南北線・大江戸線 麻布十番駅)
  ◇目黒区内(最寄り駅 東急東横線 都立大学)

<受講費>
  3,500円(当日会場にてお支払い下さい)

【お申し込み】←こちらをクリック。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top