Read Article

【今週のひと言】楽観主義の人と悲観主義の人との違いは?

【今週のひと言】
 楽観主義者は、ドーナツを見て、
      悲観主義者はその穴を見る。
    (オスカー・ワイルド/アイルランド出身の詩人、作家、劇作家)

 The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.

                 Oscar Wilde.

物事には、望ましい側面と望ましくない側面とが
必ず生まれます。

“生まれます”というのは、それは、それぞれの
立場によってもまた、その側面の割り振りが変わりますよね。

というのは、状況が、ものの見方を変えてしまうからです。

元の名言で想像されるのは、例えば空腹のとき。
楽観主義者は「あぁ、ドーナツが食べられるうれしい」
悲観主義者は「あぁ、穴の分足りない悲しい」
といったところでしょうか?

しかしながら、状況がダイエット中であったら、
楽観主義者は穴を見てこう言うでしょう。
「穴の分、カロリー控えめだ、うれしい」と。
悲観主義者はドーナツを見てこういうかもしれません。
「また、食べてしまうじゃないですか…」と。

ドーナツがあっても、無くても
穴があっても、無くても
悲観/楽観は、ものの見方、とらえ方のクセのようなもの。
本当は、必要なとに気づいて、使い分けられるのが
良いと思いますよ。

なにしろ、楽観主義者であろうと悲観主義者であろうと
食べられるのは、ドーナツ(の生地の部分)であって
穴は食べられませんから…

さぁ、その事実を、どのように捉えて、
どのように活かせる発想でいると、あなたの一週間に
役に立つ、あるいは、問題を避けられると思いますか?

いずれにしても
どうぞ、良い一週間をお過ごし下さい!

(初出 メルマガ “心がイキイキする言葉のフレッシュサラダ”2014.4.28改変)
http://nlpfield.jp/mailmag01/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top