Read Article

▽▲千里の道“を”一歩から▲▽

▽▲千里の道“を”一歩から▲▽

千里というと、日本の一里でいえば約4kmなので
4,000kmです。

どんなに、交通機関が発達しても
仮に、ドラえもんがいて、どこでもドアを
出してくれたとしても

 最初の一歩を踏み出すことなしに
 移動することは出来ません。

 ときには、誰かが連れて行ってくれる
 かもしれませんが、
 それは、あなたの行きたいところかどうかは
 わかりません。

確かなことは、自分で一歩踏み出せば、
自分の思いの通りに、一歩ゴールに近づくということ。
誰かに言われた方向や歩幅ではなく
自分が決めた一歩です。

私達が計画すること、想定することは
これまでの経験を元にしているので
“確からしい”事ではありますが、
その時点では正しいかどうか、
予想通りに事が進むかどうかはわかっていません。

一歩踏み出すことなしに、
それを確認することも、軌道修正することも
ましてや、ゴールに近づくことはありません。
・・・釈迦に念仏ですよね。

この一歩を「踏み出す」ことが、
私達の現状を、視野を変えてくれます。
ですから、その一歩を
どれだけ、「安心して」踏み出せるものにするかを
準備しておくことが役に立ちそうです。

 1.確実に踏み出せる、
   サイズやハードル(難易度)の高さ

 2.うまくいかなかったとしても
   代案、修正案がを準備しやすい(出来ている)

 3.場合によっては、踏み出した後
   引き返すことが出来る。

このように一歩を準備するのはどうでしょうか?

もし、あなたがここまで用意周到に
歩を進めようと思うのであれば、
次の一歩を踏み出すことについて、
万が一にも間違う気遣いはありません。

 何か怒ることに対して、当面使える
 いくつかの案を準備しておくということは、
 一見、問題に遭遇したように思える状況であっても
 その問題と上手に関わる、アイディアを
 準備する事が出来るはずですから。

実際のところ、最初の一歩は、
あなたが自分自身を勇気づける
自分自身が確信を持てるサイズの
一歩目を工夫することで
ゴールにたどり着くための最大のハードルかもしれない
第一歩を、意図もたやすく踏み出し終えていることに
なるはずです。

どうぞ、あなたが不安に感じていた“思い”が
安心する一歩を探ってみませんか?

ゴールが遠いものでも、もちろん近いものでも、

では、また明日。

Image credit: © iqoncept / 123RF ストックフォト

NLPを1日で実感、実践する“ワンデイレッスン”開催中です。
http://nlpfield.jp/nlp_o/

(初出 Facebook NLPフィールドCafe2014.10.8 一部改変)
http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top