Read Article

“魔法の言葉”って誰にもある

「魔法の言葉」ってありません?

例えば、
 「ファイト!」って言うと
 「オーって!」(笑)
(ホントは、想像通りのフレーズで
    良いんですけどね。○○ビ○ンDのあれ。)

それに限らず、僕の場合は

 「ま、いっか」と「なんとかなるか」
 このフレーズを、気の抜けた感じで言うとき

めちゃ、めちゃ、力が抜けて
「いい感じ」の状態になります。

まさに、僕にとっての魔法の言葉。

 「絶対にやるぞ」と言うとき
  気の抜けた感じにはなりませんし、
  肩の力も入ります。

言葉は、字面や文字上の意味を超えた
力を持っています。

そして、さらに日本語は、
漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベットを
ほぼ100%の方が使い分けることが出来ます。

そして、それぞれの文字、言葉が
それぞれの、力を持っているとしたら

言葉を使いこなすだけでも
相当、色々な“力”を発揮出来そうな気がします。

 「初志貫徹」って書くのと
 「しょしかんてつ」って書くのと
 「ショシカンテツ」って書くのと
 「Shoshikantetsu」って書くのと

見た目でも、力の加減と場所、
違いますよね。

この違いに興味を持つと
それだけでも、「魔法の言葉」を
自分なりにブレンドできるかもしれない。

言葉を使いこなすことは、
難しいことというよりも、
言葉を言葉として扱うだけで無く
言葉を全身の感覚として扱ってみる

まさに、口先だけで無く
全身で、伝えることなのかも…

ま、こんな感じ
・・・ホントの意味で魔法のことばは

の“ま、”の部分かもしれない。
・・・これは言葉か?

ま、いずれにしても
ここぞと言うときに使う「魔法の言葉」
探っておくのも良いですね。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2014.2.13 一部改変)
http://ameblo.jp/awakeners/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top