Read Article

“理”に適ったやり方を見つけよう・・・自分の基礎工事をしよう②

“理”に適ったやり方を見つけよう・・・自分の基礎工事をしよう②

物事には、それが“自然”な形で
効果を発揮するやり方があります。

例えば、水は高いところから低いところへ
流れるのが自然な形で、
それに逆らおうとすると、
人がくんで運んだり、ポンプを使ったりと
別の力が必要になります。

自然ではありません。

ただ地球上の水という視点で考えると、
地上の水が蒸発して水蒸気となり
雲を作るそして、雨となり、川となる
ことで、水は循環しています。

・・・太陽のエネルギーのおかげで。

この太陽のエネルギーの恩恵が
少なくとも私たちが生きている間は
前提として活用できそうですから
水をわざわざくんで、川に流す必要はありません。

今、自分自身が居る状況、環境で
自分が“自然な形”で行くやり方というのを
見つける。“理”に適ったやり方を
見つけて行くのが、
コーチと“コーチング”を活用したプロジェクトです。

あなたが、あなたの望む結果
・・・目標やゴール、成果、成功
を手に入れる時、

あなた自身の“活かし方”について
あなたが一番ご存じの場合があります。
一方で、
これまでは、“慣れて”良かったけれども
これからは、
例えば、環境が変わって、例えば、体調が変わって
あるいは、年齢が変わって、
そのままではうまく行かなくなる
事もあるでしょう。

そのとき、コーチの気づきが役に立ちます。
あなた自身とは違う、別の気づきです。

どんな人も全ての瞬間の全てのことに
気づくことは出来ません。
その中の、“自分が気づいた”もの
について気づくだけです。

別の気づきというのは
あなたのその気づきを豊かにする気づきです。

では、“理”はどこにあるのでしょうか?

・・・“理”は、現実にある
ということが出来るかもしれません。

通常、世間の評価、常識、
あるいは、あなたの評価、思い込み
を“正”として、“理”があるとして
捉えているのが、日常の私たち

この“理”は、あくまで私たちの考えの中だけです。

ときに自分に都合の良いように
世間に都合の良いように
変形しているかもしれないのです。

もっとも、世間の状況を
前提と考えれば、“理”と呼んでも
いいかもしれません。

そんな中でも
コーチと“コーチング”を活用したプロジェクト
で探求するのは“可能性”。

自分たちの“気づき”に、
「変形や無理が無いかを確認しよう」
という全ての可能性と
自分にとって、そして自分の周りにとって

・手に入れたい結果を手に入れる
と同時に
・それの結果を手に入れたことに関わる
 否定的な影響に対処する

これが“理”に適ったあなたの使い方
あなたの望む結果の手に入れ方です。

そしてそれそのものが、
コーチと“コーチング”を活用したプロジェクト
で探求することなのです。

ではまた来週。

   http://aibou-coach.blogspot.jp/ 2016.6.22改編)

 ◇ひじままさきの目標の実現を整える「ゴールアラインコーチング」
 ◇「ゴールアラインコーチング」お申し込み

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top