Read Article

◇活かせるのは過去、味わえるのは現在、変えられるのは未来

◇活かせるのは過去、味わえるのは現在、変えられるのは未来

当たり前ことっちゃ~当たり前のこと
ですが、

 自分が体験できるのはいまここで起こっていることです。
 神経細胞の距離がとか、神経の伝達速度がとか
 そこの厳密さ(いま)には、少し目を瞑っていただいて…

 体験できるのはいまここのこと。

 一方で、これまで体験したこと
 「よかったなぁ」と思えたこと
 「苦しかったよなぁ」と思えたこと
 「うまくいかなかった」と思えたこと
 「ためになった」と思えたこと
 過去の体験であり、その『自分での』評価ですから

 その「経験」も、その「評価」も
 一旦すでに定まったことですけれど

 それを「どう活かすか」を
 いまの自分が“決める”ことができます。

 経験を参考に新しいことに挑戦する
 あるいは、
 経験が積み重なって習熟していく
 だけでなく、
 「よかったなぁ」の出来事だったから…
  →またそうできるしようと、励みにすることも出来れば
  →“もう努力しなくて良い”と、怠けるきっかけにも出来ます。
 「苦しかったよなぁ」の出来事だったから…

  →そこから学んで、改善を見つけて、次の成功への励みにすることも出来れば
  →“もう二度と触れたくもない”と、無視することもできます。

 過去については、かなり無意識的に
 自分のアクセルになっていたり、ブレーキになっていたりします。
 でも、
  過去のあの体験を、“今”どう感じるかを、
   あの時にしていたようにする感じる必要は無いと思うのですが…

なぜなら、今から(次)の行動(言動や思考、ものの捉え方)は、
今選ぶことが出来ます。

次の瞬間、
 “見たくない”と思えば、目をつむることが出来ます
 “聞きたくない”と思えば、耳を塞ぐことが出来ます
 “触れたくない”と思えば、そこを避けることが出来ます

少なからず、自分が次の瞬間に、起こることを
自分がいずれかの方法で帰ることが出来ます。

つまり、これまでにあった、
 「過去の体験」と「その体験についての評価」を
  今、理解した上で
  未来に、どのように活用するか
は、私達が、知能(思考や高度な記憶)を手に入れたこと得た
「自分の人生全体を活かす」機能だと言えるのかもしれません。

だとしたら、それを難しく考えることなく、
 現在を最大限を楽しみ、自分の望んだ未来を創る
 そのために、これまでの人生、経験を活かせばいいと
思いませんか?

って、いうのが、私がNLPやコーチングで
お伝えしたり、提案したり、一緒に探求していることです。

目的は
「あなたの存在(≒これまでとこれからの人生)をあなたが周りとともに楽しむ(≒生ききる)」
のお手伝いって言ったとしたら…格好良すぎですか?

ともかく、あなたが毎日を、ちょっと先の将来を
確かに楽しめて、そして、
その先の未来に、自信を持って進める
お手伝いだとおもっています。

では、また。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2014.9.30 一部改変)
http://ameblo.jp/awakeners/


Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ
こちらのHPで紹介しています。→ https://nlp.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top