Read Article

「お金がないから出来ない」ってのは、問題をちょっと雑に捉えすぎってこと。

「お金がないから出来ない」ってのは、問題をちょっと雑に捉えすぎってこと。

2年前の10月1ドルって78.96円だったんですよね。
今は113円くらい・・・。
ドルに対する円の価値が30%ほど減ったってことです。

その価値が
何もしてなくっても30%減ったと考えると
“お金”って何でしょうね?

私達が普段お金と呼んでいるものは
 お札(日本銀行券)
 硬貨(貨幣)
併せて“通貨”というそうです。Currencyですね。

お札は紙で、硬貨は円形の金属です。
お札を燃やしても、大して暖はとれません。
硬貨を少しくらい集めても、大した建物の骨組みは作れません。

・・・お金は物質としての価値は
  それほどないのかもしれません。

しかし、お金は、何かの価値と
説明をすること無しに、交換することができます。

 1万円札を使えば、1万円の品物やサービスを
 500円硬貨を使えば、500円の品物やサービスを
 手に入れられます。

たまたま、財布を忘れたときには、
その代金を、お願いして払ってもらったり、
なじみの店ならば、ツケにしてもらったり
します。

 お金がないときには、
「お願いをする」「説明をする」という
 お金を払うときには、必要のない
 ある種「労力」が発生します。

つまり、お金があるときとないときとでは、
ある種、説明のめんどくささが無い
あるいは、価値を手に入れるための助力をしてくれる人
(いわゆるスポンサーですね)を探さなくていい。
わけです。

「お金がないから出来ない」と思っているとき

もしかすると、
 頭を下げて頼みたくない とか
 頼む相手を探したくない とか
・・・頼んで何回も断られるのがイヤだと
言うことが、
「お金がないから出来ない」の正体かもしれないのですよ。

会社を立ち上げるときに、自分の資金の規模だけでは
出来ない仕事をしたいときには出資者(スポンサー)をつのります。
そのために、
 ご自身の事業の計画や見通し、
 その仕事に対する情熱や
 あなたの人となり ・・・ある意味ではさらけ出して
あなた自身の“価値”を、出資者の人に
伝えて説得することになります。

その時は、あなたがお金を持っているかどうかではなく
あなたの価値(実現したい夢への熱意や展望)が
あるかどうかが問題になるってことです。

すると、今もし、
「お金がない(足りない)のでできない」と
思っている事があったとしたら、

その「お金」であなたが手に入れたいと思っていたのは何か
その価値を確認する。

それが具体的になると
・・・やっぱりお金を貯める方が良い とか
   だれかに手伝ってもらえば良い とか
   不要になったものをくれる人を探せば良い とか
   互いに、別の知識を教え合う相手が居れば良い とか
   手っ取り早く、自分の将来性に“投資”してくれる人を
   見つければ良い
なんて言うのも良いかもしれないよね。

お金があれば、話が早いことも確かに。
でも、お金がないことが、私達の可能性を留めているとしたら
その判断をしたり、可能性への思考を停止する前に、
 「お金で手に入れたい何がないのか」
そして、
 「お金があってもなくても、それはしたいことなのか」

こんな問いが自分に出来ると、案外、手に入れたい事って
すっと手に入るシーンに向かって、話が動き出すんじゃないかなぁ。

次回もどうぞよろしくです。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2014.10.31 一部改変)
http://ameblo.jp/awakeners/


Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ
こちらのHPで紹介しています。→ https://nlp.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top