Read Article

【今週のひとこと】“夢”は、目ざめたときから現実になり始める

【今週のひとこと】“夢”は、目ざめたときから現実になり始める

【今週のひとこと】

夢を現実にするための一番良い方法は、目を覚ますことだ。

(ポール・ヴァレリー/フランスの作家、詩人、小説家、評論家)

The best way to make your dreams come true is to wake up.

 Ambroise Paul Toussaint Jules Valéry.

「“夢”は見るもんじゃない、叶えるもの」
 このフレーズを聴いて誰の曲を思い出すかで
 年代が分かっちゃうかもしれませんが(苦笑)

 “夢”という言葉には、
 眠っているときに見る“疑似体験”のイメージと
 未来への希望、理想のこと
 の意味があります。

 どちらも、
 “現実”のように感じたとしても
 “現実”ではない想像やイメージです。

 偶然にも、英語の“dream”が、
 同じように、2つの“夢”を意味します。

どちらの“夢”もその材料はというと、
私達がこれまでにしてきた経験、体験の五感の記憶。

・・・そんな体験したことないよ

そんな夢もあるかもしれませんが、
その体験には、意識的に知り得た体験のみならず
無意識的に知り得た体験も含まれています。

そして、夢の世界では、私達の“意識”は、
そのそうぞう(想像・創造)力の豊かさを
決して否定しません。

“夢”は、どちらの意味にせよ
かなり、クリエイティブな
“そうぞう(想像・創造)体験”なのです。

ただ、一つ欠点があります。
それは、その体験は“夢”のままでは、
「脳の中でしか起こっていない」
ということ。

まだ、現実の世界は変化をしていないということ。

ですから、私達が“夢”を叶えるためには、
まず、目を覚まして、
現実に影響を与えるための
小さな一歩から歩み出す必要がある訳です。

その手前の小さな一歩は、
“歩み出すこと”を決める事かもしれません。

さぁ、今週は、どんな“夢”の実現の
スタートの一歩を踏み出しましょうか?

(初出 アメブロ “想いから実現への翻訳家 コミュニケーション・イノベーター”2015.11.30 改変)
http://ameblo.jp/awakeners

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top