Read Article

“自分”の味方・・・について考えてみた

“自分”の味方・・・について考えてみた

子供の頃は、よく“正義の味方”ごっこって
やったものです。

“正義”の味方、って一見素晴らしい存在な
気もしますが、
大人になって、“正義”ってややこしい。
って知ったとき、ちょっとモヤモヤしてます(笑)

・・・すべての“争い”が、“価値観”、“正しさ”の対立で
  あったりしますから・・・ね(苦笑)。

そんななかで
 “自分の味方”って
誰だろうって考えてみたわけです。

 家族であったり
 同僚であったり。
 親友であったり、
 恩師であったり。

その一人一人は、その人が大切にする“価値観”が
あるはずですから、それと対立した場合、
互いのことをある意味大事に思うが故に、
“かわいさ余って、憎さ百倍”なんてことにもなる。

そう考えると、“自分の味方”になってくれる人は、
互いに互いの“価値観”があることを尊重しあえる。
関係であることがいいんだろうね。

 意見を侃々諤々かわし合ったとしても
 意見が集約まとまった後には
 “ノーサイド”。
 むしろ、意見をぶつけ合える関係の方が
 自分に取っては“味方”になりうるのかな
 って思う。

もちろん、まだまだ、ぶれるときもあるし、
反論に、圧倒されてヘコむことだってあるけれど。

自分の味方は、意見の違い、価値観の違いがあることを
認めながら、意見がかわし合える相手なんだろうな。

・・・そしてもちろん、
  自分自身の中にも自分のいくつかの“価値観”を
  尊重することが出来る“自分”も味方にする。

こうすると、ちょっとずつ自分の器も、世界も大きく、広く
なっていくんじゃないかなって思うんですよね。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2015.7.3 一部改編)
http://ameblo.jp/awakeners/


Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ
こちらのHPで紹介しています。→ https://www.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top