Read Article

“為せば成る為さねば成らぬ”について考えてみた

“為せば成る為さねば成らぬ”について考えてみた

“為せば成る為さねば成らぬ何事も
 成らぬは人の為さぬなりけり”

米沢藩の中興の祖、上杉鷹山の言葉です。

・・・うまく行かないのは、やらないからだよね

って話です。

これが、ちょっと上から悟っちゃってるのが、武田信玄の言葉

“為せば成る、為さねば成らぬ、
 成る業を成らぬと捨つる人の儚さ”

・・・あ~あ、(こうすりゃ)できるのに、
  できないってやめちゃうんだ、
   人間ってそんなおバカだよね~

僕の言い草もどんだけ上からなんだ!というのはさておき・・・

自分の手に入れたいことに向けて、行動を起こさなければ、
それは永遠に手に入らない。

棚ぼたとて、ぼた餅が落ちてくるかもしれない棚の下に
移動しなければ、手に入らない。

ちょっと、泥臭い感じがしたとしても、
まずは、動いてみるってとても大事。

動いてみると、
うまくいくことと、そうでないことが
はっきりする。

そうすれば、あとは、
うまくいくことを続けて、
そうでないことを、改善する。

至極シンプル。

シンプルであるが故に、
「うまく行かないことを最小限にしたい」というような
ちょっとスマートに、効率を上げよう!!
手間を省こう!

ってなる。

その時にチャレンジしていることが
“新しい事”、“慣れてないこと”だったとしたら
このスマートさ、効率の良さは、
・・・裏目に出るかもしれない。

いわゆる失敗という“経験”
言い換えれば、スマートではない成功と
言ってもいいかもしれない。

その“スマートではない”成功のステップが、
「為す」ことのポイントなのだ。

ちょっとした知識に比べれば
新しい“体験・経験”は、知恵の宝庫。

身体が、知識では気づき得なかった
たくさんの“為す”こと、“成るために為すこと”の
エッセンスを、体得させてくれるんじゃないだろうか。

“為せば成る、為さねばならぬ”・・・そりゃそうだ、
“成るまで為せば、成らぬ事はなし”

です。

とにかく、一歩、踏み出して行動して行く。

その一歩が、次の一歩を見つける、
足がかりになるはずですから。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2016.1.29一部改編)
http://ameblo.jp/awakeners/

Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ

直近のワークショップ

Team-Awakeners ホームページ https://www.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top