Read Article

「“偶然か必然か”は、自分で決める」について考えてみた

「“偶然か必然か”は、自分で決める」について考えてみた

「あぁ、久し振りぃ、偶然だねぇ!!!」

と普段行かない駅で、知り合いと
バッタリ会って思わず口にする。

・・・などと冷静に自分を分析することなく
   予想外の展開にちょっと興奮気味。

これは、偶然なのか必然なのか。

ある人に聞けば「運命だ」ってことになるだろうし、
別の人に聞けば「偶然だろ?」ってことになる。

少なくとも、自分には“予知”の能力は
無さそうなので、できる限りの“予測”で
生きている。

起きることの大部分は、“想定外”になってしまう。

“想定外の事が起こった”けれど、
その事に遭遇するまでの“判断”、“行動”は
自分のもの。

単に、その結果を“予測”していなかっただけ。
そう考えれば、
どんな“偶然的な”ことも必然だ。

ましてや、自分以外の意思を持った
何十億人の人や、動植物を含めれば何兆もの命が
それぞれの判断で動いていれば、
まぁ、いろんな事は起きる。

残念ながら全てを“予測”し尽くすことはできない。
っていうか、する意味はないと思う。

一方で、たくさんの命(あるいは自然の営み)の
予期せぬ組み合わせは、“偶然”ってことになる。

・・・「何が言いたいんだ」ですよね。

偶然か必然かがテーマになるときには、
・・・合う約束もしてない上に
   普段いかない、同してここで会えたのか
   わからない
というような

「自分の力ではどうにもならない(説明がつかない)」

事に対してということが多いのだから、

自分のコントロールを超えたことについては、
きっと、八百万神の所為にしちゃっても
そんなに器の小さい存在ではないでしょうから

自分で、自分の都合のいいように
選んじゃって良いんじゃないかな。

…これって、自分の心の余裕を手にいれる為に
 必要なテクニックだったりします。

うまくいったことは、自分の取り組み・・・必然
うまくいかなかった、たまたま折悪しく・・・偶然

それで、最終的に自分が自分の力を
発揮出来るように、必然も偶然も
上手く使えばいいんじゃないかなぁ。

・・・わがままに生きるための策の一つです

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2016.9.16 一部改編)
http://ameblo.jp/awakeners/

Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ

直近のワークショップ

Team-Awakeners ホームページ https://www.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top