Read Article

「“食わず嫌い”も嫌いのうち」について考えてみた

「“食わず嫌い”も嫌いのうち」について考えてみた

「喰わず嫌いは良くないよ、
  絶対に好きになるから」という横暴(苦笑)

横暴は言い過ぎかもしれませんが、
とかく自分が“良い”と思うものは
人にも勧めたくなるもの。

確かに「食わず嫌い」というのは、
一度切り(?)の人生において
折角出会った、体験のチャンスを見逃す
事であるのは合点承知ながら

それでも食ってようがいまいが
嫌いなものは嫌いなのだ
すくなくとも“今は”、あるいは“当面は”
“嫌い”なのだ。

まずは、その“嫌い”という価値基準を
認めて欲しいし、認めてあげて欲しい。

究極的に、人は
「やりたいことは、誰に言われるともなくする」し、
「やりたくないことは、誰に言われようともしない」
ものだ。

嫌々やるときであっても、
その行動で得られる利、あるいは避けられる害が
あるから、「“消極的”やりたいこと」
としてしているってこと。

“食わず嫌い”なものの中には、
最終的に“食っても嫌い”があるだろうし、
“嫌いなものを食べる”という行動を
“やりたくない”と思う人も居る。

・・・結局は、提案して、その人に
 決めてもらうほかはないんだ。

「やりたいことは、誰に言われるともなくする」し、
「やりたくないことは、誰に言われようともしない」から。

逆の目線から言えば、
“嫌い”なものは“嫌い”でいい
その自分の今の基準を大事に
すれば良いと思う。

ただ、もし、そろそろ
その“嫌い”ものを“試してみたい”と
うずうずしてきたとしたら
その“うずうず”も大事にすれば良い。

その意味では、
自分の感じるとおり、思うとおり

少なくとも、“食わず嫌い”の品を
進められる様な状況においても
自分の感じるとおり、思うとおり
決める、そんな心の筋肉を
鍛えるのはどうだろうか

この先本当に、自分が
「自分自身のこれまでと未来」を賭けて
やりたいことに出会ったとき、
その自分の“価値判断”を
確信を持って進むために。

本当の意味で、自分で自分の未来への
歩みを踏み出すために。

自分で自分を自分の味方に付ける
・・・どんなことも自分の基準が
  持てることかもしれないなぁ。

(初出 アメブロ“ひじま・まさき”のブログ 2016.10.7 一部改編)
http://ameblo.jp/awakeners/

Team-Awakeners ひじままさきのNLP/コミュニケーションワークショップ

直近のワークショップ

Team-Awakeners ホームページ https://www.team-awakeners.com/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top