Read Article

▽▲“好き/嫌い”が結果を決めている▲▽

▽▲“好き/嫌い”が結果を決めている▲▽

僕もよく色々なところで書きますが、
 やりたいことは言われなくてもする
 やりたくないことは言われたってしない
ということ。

・・・嫌々することもあるぞ!

たしかに、嫌なことをすることになる
ことがあります。
ただ、それをしないことで起こる
“もっと”嫌なことを回避していたとしたら
ちょっとは納得するはずです。

この、好き嫌い(≒好ましいか否か)は、
“生物”として持っている
一番シンプルなの生命維持の仕組み。

ところがですよ。

私たちが人間っていうのになって、
言葉っていうのを手に入れて、
知識や理屈っていうのを使うようになって

この“好き/嫌い”が複雑になったようです。

この複雑になった“好き/嫌い”を
価値(Value)と呼んでる。

この“価値(Value)”の判断がもたらす感覚が
“生物”としての判断の感覚に
似ちゃってるから、
人間関係において価値観の相違が
大問題になる。

感覚的には“生物”的に嫌だってことに。

ところがです。

価値(Value)は言葉や知識や理屈を内包しているので、
誤解や思い込み、視点の違いや文化の違い
といった、“解釈”の側面が大きい。

解釈は多くの場合置かれる状況に左右される。

つまり“そのもの”についての“好き/嫌い”ではない
ことに気づいておきたいんです。

◯◯さんと価値観が合わないっていっても
 育ってきた環境が違うのですから
 (価値観って意味での)
 好き嫌いの(違い)はイナメナイ
のです。

…ちなみに中学になってセロリの香り
 が好きになったものです(なんのこっちゃ)

ここで大切なのは、
自分の中の価値(Value)を含めた
好き嫌いが自分の世界や行動を作っているとおうこと。
そして、
自分の中の価値(Value)を含めた
好き嫌いは相手の全ての価値や評価ではない
ということ。

隠れた可能性や価値を見落として
居るかもしれませんよ。

・・・行動が起こらないとき
   あなたの価値(Value)/好き嫌い
   を点検して見て下さい。
   それが、ブレーキとして
   動いているでしょう。

そして日本では、
「喰わず嫌い」って表現あります。

それが、人生の豊かさまで
奪っていたとしたら、もったいないですよね。
って“価値”にピンときたら変えることできますよ。

最後に、NLPっぽいところ付け加えます。

今ある「価値」も、必要があって
身につけた物です。加えて、
新しくチャレンジしようということが
なければ、安定していたものです。

つまり、今の“安定”とは、違った“安定”
喩えるならば、重心の位置が変えて
安定させるような心配りを
加えたいのです。

そこで、今の価値(Value)が、
新しいチャレンジ(新しい行動や人間関係)を
安定させるためには、

「どんな価値(Value)を持てば良いか」

という問いを自分にしてみてください。

育ってきた環境の違う物だけれど
ここから、一緒に育っていく
そんな新しい好き/嫌いの基準を
予め見つけておこうという訳です。

自分の中の“好き/嫌い”が
こんなに素早く、こんなに大きく
自分に影響を与えて居たことに気づくと
自分の好き/嫌いの本音
丁寧に扱いたくなりません?

丁寧に扱っていきましょうよ・・・ぜひ。

© etiamos / 123RF.COM
(初出 Facebook NLPフィールドCafe2016.6.15 一部改変)

http://www.facebook.com/nlpfieldcafe

NLPを1日で実感、実践する“ワンデイレッスン”開催中です。
https://www.team-awakeners.com/services/nlp1daylesson/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top